顔,乾燥 化粧水 痛い

化粧水が痛い人は乾燥肌のサインです

化粧水がしみる女性

 

寒くて空気が乾燥する季節は、お肌の渇きも気になりますよね。
この時期は、いつも以上にていねいな保湿ケアが大切です。

 

 

しかし、いざ保湿しようとしても
化粧水で肌が痛いと感じることも…。

 

これは、顔が乾燥して敏感になっている証拠です。

 

 

お肌が渇くと表面の角質層がめくれあがり、
お肌を保護する働きの皮脂も不足して、
うるおいがどんどん奪われていきます。

 

 

すると、外からの刺激に対しても無防備になるため、
普段なんでもないようなちょっとした刺激
(気温の変化やハウスダスト、雑菌など)で
肌荒れを起こしてかゆくなったりヒリヒリしたり、
赤くなったりと、さまざまな肌トラブルが起こってくるのです。

 

 

いわゆる乾燥性の敏感肌はこうして起こるといわれています。

 

 

ですから、冬の乾燥対策には、いつものスキンケアを見直して
肌表面を保護することが大切です。
とにかく、こまめな保湿を習慣にしましょう。

 

 

ただし、すでにお肌が敏感になってしまっている場合、
保湿しようにも毎日顔に使っているような
基礎化粧品ですら刺激になる危険があります。

 

 

ヒリヒリするのを我慢したまま使い続けると、
炎症がどんどん悪化するので、普段の化粧水が痛いと思ったら、
すぐに一旦休止して、敏感肌向けの基礎化粧品に
変えることを強くおすすめします。

 

 

そして、洗顔の際も低刺激の石けんをよく泡立て、
たっぷりの泡で軽く洗って、洗い残しのないように
よく流し落とすようにします。

 

 

また、たとえ敏感肌用の基礎化粧品であっても、
お肌に合う合わないは個人差があります。

 

 

できれば低刺激で、肌の表面を保護し、
一緒に内部からうるおいケアができるタイプのものを探し、
サンプルやテスターなどで使用感を試してから使用するのが良いでしょう。