急に敏感肌

30歳を超えると、急に敏感肌になる女性が増える

お肌の悩みはいくつになってもつきまとう問題ですね。
特に季節の変わり目や、気温の差が激しい日などは
肌も外界の変化にとまどって、敏感になりやすいのです。

 

 

それでも季節や気温が安定してくると、
肌の調子も自然と戻ってきてほっとした、ということも多いですよね。

 

 

しかし、季節の変わり目でもなく、
気温の差が激しいわけでもなく、
30歳に近付いたら急に敏感肌になってしまったと、
いう方も少なくないのではないでしょうか。

 

悩む女

 

化粧品を変えたわけでもないのに、
化粧水をつけたらなんだかひりひりする、
オイリー肌だったのに乾燥するようになった、
今まで合っていた化粧品が急に合わなくなった、
など、急に敏感肌トラブルに悩まされることが多くなってきます。

 

 

しかしそれは30代、40代には実はよくある経験なのです。

 

 

その原因は「敏乾燥年齢肌」かもしれません。

 

 

敏乾燥年齢肌とは、年齢を重ねたことによる肌の乾燥や、
肌が敏感に傾いてる状態のことをいいます。

 

 

女性ホルモン・セラミド・ほどよい皮脂・コラーゲンや
ヒアルロン酸の生産率が低下してしまうことで、
肌のバリア機能も低下してしまい、
肌自体が外部からの刺激に弱くなってしまうのです。

 

 

これが、30代に近付くと
急に敏感肌になってしまうメカニズムなのです。
では、どのようにスキンケアを見直していけばいいのでしょうか。

 

 

 

まず、30代に近付いてからのスキンケアは
単なる保湿機能だけではなく、
お肌のバリア機能を高める化粧品を使うことがポイントです。

 

 

肌のバリア機能を補修してくれるような成分といえば、
セラミドが代表的です。

 

 

セラミドは、肌の角質層にある成分で、
細胞と細胞をつなぐ役割を果たしています。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿効果が高いものと
セラミドの機能修復効果がある化粧品を使用することで、
お肌を守りつつ潤わせることができるので、
若々しいお肌を保つことができるのです。

 

 セラミド配合でおすすめ化粧水ランキング