セラミド 年齢 減少

セラミドは加齢で減少します

肌の角質層内で細胞と細胞中でスポンジのように水分や油分を抱え込んでいるのが細胞脂質です。その細胞脂質の50%を占めるのがセラミドです。

 

研究者の女性

 

人間の肌の表面の部分には、角質層と呼ばれる層があるのですが、その中で水分を挟み込むようにして存在している細胞間脂質が『セラミド』と呼ばれる物質です。

 

 

角質層は肌の角質細胞が何層にも重なってできている、その一つ一つを接着している成分が細胞脂質でその主成分なのです。

 

 

天然のセラミドには優れた保湿効果があり、肌へ潤いの効果をもたらします。肌は元々外部の刺激から守ったり、水分の蒸発を防いだりするバリア機能がありますが、このバリア機能を果たすのがセラミドなのです。

 

 

そのためこれらの細胞間脂質が減少すると、肌のバリア機能が低下、肌内部の水分が蒸発し、乾燥したカサカサの肌になってしまいます。

 

 

若い頃の肌にはたっぷりと含まれていますが、残念ながら様々な環境要因だったり、年齢とともに減少してしまいます。

 

 

そんな時に重宝するのがセラミド配合のスキンケア用品です。

 

 

そんな重要な保湿成分にも色々な種類があり、馬などから抽出した成分を使用した天然タイプ、天然型と言いながらも植物由来のタイプ、石油を原料にして合成されたタイプ、酵母から作り出されるタイプに分類されます。

 

 

中でも注目したいのが酵母の発酵したバイオ技術によって、植物油てん菜、ホエイなどを原料にして、天然のものと同じレベルの保湿効果を持たせたバイオセラミド、ヒト型セラミドです。

 

 

現在は米、小麦、大豆などを利用した植物性のものが多いのですが、天然のものと構造が違うため、高い効果が期待できないのと、生産性が低く、コスト面で問題があるため、バイオ型を天然型の代替として急速に開発が進められているようです。

 

 

人型セラミドが配合された化粧品はまだそれほど出回っていませんが、つつむ、ヒフミド、アヤナスなどインターネットで購入できる化粧品もあるので、興味のある方は試してみてはいがでしょうか?

 

 

なお、それらの化粧水を当サイトで評価したランキングは次のページで確認することができます。敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方は、一度チェックしてみてください。

 

 ベタベタしない!敏感肌におすすめ化粧水ランキング